サンクス楽器

エフェクター(全:56点)

価格の高い順にソート価格の安い順にソート | 新着順にソート |

【送料無料】【Leqtique(レクティーク)】 【ブースター/プリアンプ/バッファー/オーバードライブ】Leqtique Caeruleum Lightdrive High Definition (CLHD)

【送料無料】【Leqtique(レクティーク)】 【ブースター/プリアンプ/バッファー/オーバードライブ】Leqtique Caeruleum Lightdrive High Definition (CLHD) 《18,333円》

Caeruleum Light Drive HD(CLHD)は、2012 年の Winter NAMM で発表して以来長期間にわたり断続的に再構築を繰り返してようやく完成した、 Clean or Gain Booster/Buffer/Preamp/Low Gain OD の 4 つの役割それぞれ全てを妥協なくサウンドすることを目的としたエフェクターです。

基本的なアイデアとしては、一般的なオーバードライブペダルと同様の操作性の Volume と Gain を基盤として、”Definition”(輪郭)と名付けた 真ん中の特殊なコントロールによって多彩なサウンドを演出します。

このコントロールは時計回り方向で、 音の解像度を落とさずに輪郭をぼやかしていきます。
回路、ないしは聴覚上、コンプレッション感、ハイエンドの丸み、トーンのスムースさ、ファットさといったものが演出されます。
あらゆるファクターを同時にあくまでも音楽的にかつ直感的に動かせることを最終的な目的としたコントロールなので、 ハイカット方向の一般的な Tone コントロールと解釈すると、実際の効果よりも簡略化された意味合いになりますが、わかりやすいと思います。

具体的な使用法としては、まずは Clean Booster としては、Definition,Gain を 0%にしてボリュームを上げていくことで 超 HiFi オペアンプであるLT1028 を内部昇圧回路により 30V 前後で動かしたことと、内部に隠された真鍮のケーシングのコンデンサーに由来する、 超解像度、透明度のブースターとして機能します。

またこの場合に原音よりも倍音が付加されたと感じられ、それが余分な場合は Definition を 50%前後までゆっくりとカットすることにより、 より自然で原音に近いサウンドを得ることができます。また、Gain Booster として Gain コントロールをあげながら、 Definition コントロールを 50%以上まわすことで Vintage 1N270 由 来のスムースなコンプレッションとナチュラルなハイエンドのカットを得ることができます。
特にソロ時などのときにお気に入りのドライブペダルの前段、後段においてそれぞれの使用方法をお試しください。

Buffer,Preamp としては基本的に Gain=0,Volume=原音となるような 50%前後に固定し、 Definition のコントロールにて、原音に近づけたり、スムースな味付けをしたりします。なお、シグナルはローインピーダンス化されます。

最後に Low Gain Overdrive としてですが、この場合は基本的に Volume と Gain で音のベースを作り、 Definition コントロールをカッティングに最適な歯切れのいい 0%の方向から、TS 系のようなスムースなサウンドを演出する 100%の方向まで、 お好みの位置、目的でご使用ください。どの状態に設定しても、ギターのボリュームに極めて敏感に反応し、 かつフルレンジのファットなクリーンサウンドに戻すことができるのも CLHD の最大の強みの一つです。 

※ハンドメイド品なので塗装にムラや傷がある場合がございますのでご注意ください。

SOLD OUT
【送料無料】【L' (Leqtique)】オーバードライブ Roch(Rochechouart)

【送料無料】【L' (Leqtique)】オーバードライブ Roch(Rochechouart) 《6,980円》

■L' エル エフェクター オーバードライブ Roch (Rochechouart)
コンポーネンツこそ違えど、以下のオリジナル Leqtique Rochechouartの説明書をそのまま利用できるような瓜二つのサウンドを小型ケースのL'のフォーマットにて実現しました。

Rochechouart(ロッシュシュアール)、通称Roch(ロッシュ)と名付けられたこのペダルは2010年代にブティックODペダルの大きな流れを生み出した所謂4ノブの"トランスペアレント系"と呼ばれる、スムースで反応性の良好な歪みを持っています。

Low-Mid Gainレンジをカバーし、トレブル/ベースそれぞれの独立したパッシブコントロールで環境に合わせて強調する帯域を相対的に変化することのできる非常にヴァーサタイルなペダルを、Leqtiqueなりに解釈して製作する事を念頭に置き、開発が始められました。

開発の経過の中で、そのジャンルにおいて既に名器となっている幾つものペダルを触れていくうちに、そのようなペダルの特徴の一つである透明度の高い(トランスペアレント)でフラットなトーンカーブから高域、低域のそれぞれを調整するような方向性ではなく、透明度、反応性はさらに段階を上げつつも、より音楽的な中域と思えしスイートスポットに対して、2つのパッシブコントロールが繊細にアプローチするようなペダルです。

重要なコンポーネンツとしてRoch(ロッシュ)では、同ブランド「9/9」で使用している超高解像度オペアンプLT1498を心臓部に、また、歪みの質感を生み出すクリッピングには一般的なオーバードライブ(特にトランスペアレント系)ではよく使用される1N4148に対して研究の結果、より角の取れスムースな歪みを生み出す1N4150を採用しています。

その他、Leqtiqueで基本的なPRP抵抗や、CC抵抗、WIMA MKSシリーズなどはに加え、国産のシルバードマイカコンデンサをシグナル部に大胆に採用し、より繊細なトーンを失わないまま出力します。

トランスペアレント系最大の特徴である2つのパッシブコントロールは、まずTrebleは極端に広い範囲ではなく、Roch(ロッシュ)の最大のテーマである音楽的な中域というものを意識しながら使いやすい範囲まで絞りました。

さらにLow-Cutは既存のこのジャンルのエフェクターと異なり、Low,Low-Midを段的に可変をつけるようなタイプではなく、バッサリとLowをカットするような同ブランドRedemptionist(レデンプショニスト)のタイプを採用することで、意味合いと音作りをより直感的にわかりやすくなっています。

まずはLow-Cut,Treble,Gainともに全て12時の方向にして、Volumeを調整することで音楽的な中域、スムースな歪みと、モダンな高解像度、高反応性の組み合わさった、心地の良いトーンが得られます。

どの各コントロールの設定でもサウンドが破綻しないような設計となっているため、その基準点を中心としてお好みのポジションまで各コントロールを調整することで、幅広いジャンルを網羅しサウンドメイキングの基礎となるようなオーバードライブを生み出します。


Current Consumpion:5.2mA@9V
Operation Voltage:9-18V (Higher Headroom)
メーカー側の意匠変更により、予告なく外観上のデザイン・カラー等が変わる場合がございます
在庫:あり

【送料無料】【L' (Leqtique)】ブースター PV

【送料無料】【L' (Leqtique)】ブースター PV《6,980円》

ブースター サイズ=W42xD91xH55mm(電池使用出来ません)
Pro Voostのインピーダンス・コントロールを0に固定し1ノブタイプとしたクリーンブースターです。倍音感が加わり原音重視のサウンドとなり、エンハンサー としても、ユニティ・ゲインに設定して粋なバッファーとしても使用可能です。

在庫:あり

【送料無料】【L' (Leqtique)】Tosin Abasi Signature Kigen(起源)

【送料無料】【L' (Leqtique)】Tosin Abasi Signature Kigen(起源)《10,800円》

オーバードライブ/デイストーション W42xD91xH55mm [電池は入りません]
Toshin Abasiシグネイチャーモデルとなるオーバードライブ/デイストーションで す。オリジナルSND Redemptionistの回路を完全にトレースし、さらに本人のリ クエストによりトレブルのレンジを少し拡張したモデルに仕上がっています。

在庫:あり

【送料無料】MAD PROFESSOR【エフェクター】 オーバードライブ Sweet Honey Overdrive(FAC)

【送料無料】MAD PROFESSOR【エフェクター】 オーバードライブ Sweet Honey Overdrive(FAC)《19,800円》

フルチューブ・クランチサウンド

Mad Professorのベストセラーペダル、Sweet Honey Overdriveは、アンプライクでブルージー、そしてクリアで抜けの良い歪みを作り出します。
その音はまさに最高級のフルチューブアンプを絶妙にプッシュして作り出す究極のクランチサウンドだと言われています。

New Sweet Honeuy Overdriveは、そんなSweet Honey Overdriveのサウンドを受け継ぎながら、内部基板、ジャック、ポット等の構造を見直したことでよりお求めやすいモデルとして誕生しました。

●オリジナルSweet Honey Overdriveとの違い

オリジナルSweet Honey OverdriveとNew Sweet Honey Overdriveは、多少ながら違いがあります。

■筐体
ずっしりと重いオリジナルSweet Honey Overdriveは亜鉛ダイキャスト筐体を採用していますが、New Sweet Honey Overdriveはアルミダイキャストボディを採用し、軽量に作られています。

■ジャック・スイッチ類
New Sweet Honey Overdriveでは、生産性向上のため、インプット/アウトプットジャック、アダプタージャック、フットスイッチ等を全て基板に直接配置して製作されています。
そのため、インプット/アウトプット/アダプタージャック、フットスイッチが変更されています。

■サウンド
オリジナルSweet Honey Overdriveのサウンドを踏襲していますが、パーツの違いにより、サウンドは多少異なります。
在庫:残り僅か

【送料無料】Leqtique(レクティーク) 【ディストーション】 9/9

【送料無料】Leqtique(レクティーク) 【ディストーション】 9/9《18,333円》

Leqtique 3作目となり、ブランドして初の完全オリジナル回路のディストーション作品となる” 9/9 ”はその回路の基本構成として、未だエフェクターの内部回路に用いられたことのない” DMOSFET ”の多段回路を独自のバイアス設定により歪みのキャラクターとして極めてチューブライクなサウンドを生み出すように、またこちらもウルトラハイエンドなオーディオデバイスにしか搭載されないLinear Technology社の超HiFiオペアンプ”LT1498 ”を採用することでその基本的な歪みサウンドに対して3つの積極的なイコライジングツールを完全にクリアな音像のまま、またC-Load(TM)テクノロジーによる全体的な安定化の恩恵も受けながら、最終的に太さと温かみを持ちながらも極めてソリッドかつタイトなサウンドをアウトプットします。

“ Gain ”を最小レベルでもディストーションとして感じられる程のハイゲインユニットに仕上がっていますが、このエフェクターのもうひとつの特徴として、” DMOSFET “のチューブライクな特性曲線由来のギターのヴォリュームに対する自然かつ高い反応性が挙げられます。実際に使用される範囲内での最大レベルにゲインを固定し、ギターのヴォリューム側でクリーンまでコントロールするような使用法もお勧めです。

3種類のイコライジングコントロールについてはまず” Treble”については12時を基調とし、それより先では耳に痛くない範囲でより鋭利な、また手前側ではModern Fusionなどに向いたファットでスムースなサウンドを生み出します。” Bottom “は、音像全体の”太さ”を均一にコントロールするような効き方となっており、シングルノートのソロ、ヘビーなブリッジミュートのリフ時どちらにおいてもお好みの音の太さに設定できます。また、” Gain “コントロールを上げていくと、自然とサチュレーションと同時に音も太くなるので合わせて調整されるようお願いします。最後に内部コントロールの” Mid Cut “は手でアクセスできる仕様となっており、デフォルトで左に振り切ったミドルの強烈に効いたサウンドを、また時計方向に回すと90%までは自然なMiddleの微調整、またそれ以降では最大750Hz付近を-17.6dBする強烈なMid Scoopedサウンドを演出します。

Operation Voltage : 9V用に設計されていますが、18Vまでサウンドのバリエーションをお試しできます。
Current Consumption : approx 5.3

※ハンドメイド品なので塗装にムラや傷がある場合がございますのでご注意ください。
在庫:残り僅か

<< 前の10件を表示  

↑ PAGE TOP